So-net無料ブログ作成
検索選択

もう南アフリカ行きは決まってしまった [サッカー]

サッカーW杯アジア最終予選は最後の3連戦に入った。オーストラリアとともに、他の3国に勝ち点で大きな差をつけた日本は、アウェーでウズベキスタンに勝てば、4大会連続のW杯出場を決めることができる。そうなれば、残り2戦は余裕を持って消化することができる。
先月のキリンカップでチリとベルギーに対し合計8点を取って、景気のいい勝ちっぷりだったが、本番とは別物と言っていい。親善試合とは違って、もう後の無いウズベキスタンは自国でむざむざと夢破れることは望んでいるわけはなく、必死の抵抗を試みるだろう。そんな相手にも岡田ジャパンは強い勝ち方はできるのか?

日本の先発メンバーは、GK楢崎正剛、DF中澤佑二、田中マルクス闘莉王、駒野友一、長友佑都という守備陣。内田篤人は体調不良を理由にベンチ入りしていない。中盤は中村俊輔、遠藤保仁、中村憲剛、長谷部誠。これまで俊輔が先発のときは控えに甘んじていた憲剛も併用するようになったわけだが、俊輔が足に不安を抱えているので負担を減らしたいというわけか。フォワードは大久保嘉人と岡崎慎司。フル代表入りしてからまだ8試合目にもかかわらず、これまで7得点と効率のいい活躍を見せている岡崎。一番使えると見て間違いないだろう。
先制点は前半9分と早い段階で手に入れることができた。憲剛のパスに、相手DFをすり抜けて飛び込んだ岡崎がシュートを放ち、キーパーがはじいたところに低空ヘッドでゴールに押し込んだ!かつての中山雅史をほうふつさせる、がむしゃらに突っ込んでの泥臭いゴール。そういえば、顔つきもゴン中山そっくり!
うまい具合に先制点を手に入れた日本だったが、その後はウズベキスタンに攻め続けられ、防戦一方となる。隙を突いて反撃に転ずるも、十分に攻めきれない。相手の方がコーナーキックの数が多い。簡単に勝たせてもらえないとはいえ、これではいつ点を取られてもおかしくない、危険な時間が続いた。
後半に入っても状況は改善されない。このまま逃げ切れるのか?途中交代で矢野貴章、本田圭佑を入れて流れを変えようと試みるが、あまり効果はなかった。
そうこうしているうちに時間を消化し、あと1分で後半45分といったとき、とんでもない事態が起こってしまった!なんと長谷部がペナルティエリア付近で肘突きを相手の顔に食らわしてしまい、一発レッドで退場になってしまった。騒然とした雰囲気の中、なぜか岡田武史監督も退席処分に。監督はただ選手に指示を出しただけだというが、抗議と見られたようだ。アウェーの洗礼とはよく言うが、不可解なレフェリーの指示だと思う。
土壇場で一人減らされた日本は、さらにロスタイム4分という長い緊迫感の中、ひたすら相手の攻撃を耐え続けなければならなくなった。楢崎のセーブがバーを直撃する肝を冷やすシーンもあったが、ウズベキスタンの攻撃精度の低さに助けられたといってもいい。なんとか無失点でしのぎきり試合終了。辛くも勝利を手にし、世界最速でのW杯出場を決めた!
「世界を驚かす」と言って再登板した岡ちゃんは、いろいろあったが順調に駒を進めることができた。しかし、もう日本のW杯出場は当たり前のようになってきて、出場を決めただけでは大騒ぎするようなことはなくなった。サッカー人気はピークを過ぎたのかもしれない。本当に日本のサッカーは強いところを見せられないと、これから先も結局はどっちらけで終わることのないよう、工夫は必要だし、実現させなければならないだろう。まあ、面白くなくても勝ってくれればいいか?

お願い、もう1万出すから! [バレーボール]

ジャンクSPORTSでおなじみの浜田大明神。ご利益があると多くのアスリートが参拝すると言われている。自ら出張してくれるというから実にありがたい。
5月のゴールデンウィーク中にお台場でビーチバレーの東京オープンが行われたので、大明神が出張してくれた。と言ってもすぐ近くなんですけど。
浅尾美和菅山かおる朝日健太郎西村晃一など、男女オールスターといえる選手たちが参拝してくれたのだが、それぞれが思い思いに願いを言えば、大名神はそれ相応のリアクションをしてくれる。「その願い、叶えて進ぜよう」と言ってくれれば普通なのだが、願いによっては「その願いは無理やな」と無下に断わる。気まぐれな神様である。
浅尾とともに願い事をした西堀健美は、「胸が大きくなりますように」と女性にとって切実な願いを大名神に言ったら、「その願いは無理やな」と返された。めげない西堀は「ええー、もう1万出すからお願いします!」と本気だった。(この前に浅尾が奮発して1万賽銭箱に入れている)それでもすかさず「その願いは無理やな」と大名神はつれなかった。
今のところ一番ご利益があったのは、この大会で優勝した浦田聖子だった。第一人者らしく、「全部優勝させて!」と欲張りなお願いしてましたね。今ノッてるから言うことは言うよねといった感じか。

愛ちゃんを恐がらせたオタク芸 [テレビ]

昨日の爆笑レッドカーペットで久々に天津木村が登場した。土7でもエロ詩吟はやめない。なんとか最後の方で出すことで、少しでも被害を防ぎたいところか。それにしても、小学生レベルの下ネタ。そう思えば、何も目くじら立てることはないだろう。
木村が出たら相方の向も出ることもある。一方だけ目立つコンビによくありがちな影が薄い印象はあるが、彼の風貌そのままのオタク芸は強烈である。この日その毒牙にかかったのは、めざましテレビの愛ちゃんこと皆藤愛子。何度もレッドカーペットのゲストには出ているが、これがヤツとの初めての遭遇だった。
向は愛ちゃんのプロフィールを次々と明かし、そして愛の告白。抱きしめてチューしようとするが、もうこれで愛ちゃんドン引き。「初めて中笑押しました」と完全に拒絶モード。この前には元モーニング娘矢口真理も同じようにやられて、恐怖におののかせている。
カムバックレッドカーペットにも出てきた天津向。恐怖はこれで倍増しただろう。次ゲストに出るときは、アイツは出るの?と気にしちゃうでしょうね。

草彅剛復帰 [芸能]

4月23日、酒に酔って公園で全裸になっていたところで逮捕されたSMAP草彅剛。深く反省しているということで起訴猶予となったが、世間を騒がせた責任を取って謹慎していた。
ファンなどからは同情の声が多く、メンバーからも復帰を願うとテレビラジオ等で呼びかけたおかげで、事件後約1ヶ月での復帰となった。「いいひと」のイメージが功を奏したのかもしれない。
トップスターとしてあり続けなければならないことがストレスとなっていたのだろうか。酒はよく飲むというが、逮捕時は尋常ではない酒量だったという。飲まなきゃやってられないということはあるだろうが、よく「酒は飲んでも飲まれるな」という。恥ずかしい失態となってしまった。これに懲りて、これからは気をつけて酒を飲むようにしたい。いい教訓となっただろう。

松本人志結婚 [芸能]

ついにダウンタウンの松本人志結婚した!45歳になっても結婚する気配を今まで見せずにいたのに、突然そうするとのこと。相手は一般人なのでと本人から明かしているのではないが、スポーツ各紙は、ズームイン!にお天気お姉さんとして出ていた伊原凛と伝えている。松ちゃんよりも19歳年下で、妊娠しているんだって。できちゃったということで、結婚を決意したということか。
「記者会見はしたほうがいいかと思いますが、照れくさいのでやめておきます」と、シャイな松ちゃんらしい。発表したのは日曜の夜で、しかも関西で新型インフルエンザの感染者が急増して大騒ぎになってるさなかの時だった。このときにやれば矛先があまりこっちに向かないからいいと思ったのか。
今まで松ちゃんとの関係が噂になっていた女性は、優香やSPEEDのhiroなど、年差の離れた人が続いていた。このあたりが好みで、結婚相手もそれで落ち着いたということか。相方の浜田雅功に「これでもう五反田に行かなくてもいいね」と冷やかされているが、結婚後の女性関係のだらしなさで破局に至った芸人たちと同じ轍を踏まなければいいですね。

不毛地帯 [テレビ]

今週、フジテレビを見ると妙な番宣が流れていた。
冬の荒野を背景に「不毛地帯」というタイトルと「あと〇日」とカウントダウンする表記が。そして、昨日において、フジテレビ開局50周年記念ドラマとして「不毛地帯」を秋から半年木曜夜10時に連続ドラマで放送することが明らかになった。
不毛地帯といえば、山崎豊子長編小説で、シベリア抑留から帰還した男が商社マンとして国際社会で活躍して、戦後日本の高度経済成長の原動力になるという壮大なストーリーである。5年前に「白い巨塔」をやったように、主演を唐沢寿明にして、名作を復活させる。
今明らかになっていることは、ドラマをやるということと出演者が決まっているだけだ。サイトはオープンしているが、まだそれだけしか出ていない。


またビーチへ行く人がいるようです [バレーボール]

先日、木村沙織をビーチバレーに誘うと宣言していた川合俊一だったが、どうやらそれは失敗したようです。
川合は交渉のため、全日本女子監督の真鍋政義と飲みに行ったのだが、あっさり断られたのだそうです。しかしそれで終わらない川合は次の手を打っていた。サオリンがダメなら、高校在学中に全日本に選ばれたことのある狩野舞子ならどうかと打診していたのだ。しかし、久光製薬監督としても危ない橋を渡らせたくないのか、真鍋はこれもまた断った。逆に、川合に対し、ビーチバレーの浦田聖子インドアに戻してくれと要求したのだから、何ともまあしたたかである。やられたらやり返せということか。

男たちが女子バレー選手をめぐって花いちもんめに興じていたところ、スポニチがスクープを出してきた。元全日本女子の杉山祥子宝来眞紀子がビーチバレーに転向するというのだ。この二人でコンビを組むというのだが、どちらも身長180cmを超える長身で、どちらも全日本にいたときはツインタワーと称されていた。しかし、どちらもセンタープレイヤーであり、ブロックはすごくても、小回りは利くかと思ってしまうのだが。
この報道に対しては、杉山は即座に否定している。一方、宝来は、浅尾美和菅山かおるも止めてやるよとやる気を見せているようで、そっちの方は行きそうな気がする。同年代で元チームメイトのかおる姫が先に行ったので、私もと思ったのか?まあ、いずれ実態は明らかになるだろう。

おいてけぼりのThirty [テレビ]

フジテレビでは、アナウンサーがいろいろなことにチャレンジする「アナバン」を深夜にやっている。
その中で「上手に歌を歌おう」をテーマに、高島彩中野美奈子がコンビを組み、「Early Morning」の名で歌手デビューを果たした。デビュー曲は「おいてけぼりのThirty」。朝の番組に出るために、みんなよりも早起きする毎日で、売れっ子と呼ばれ仕事に追われる二人。まだ結婚に至らず、日常での悲哀を含めて明るく息をそろえて歌います。ちなみに、作曲は上司の福井謙二です。趣味をそのまま企画にしたような感じです。
4月29日に発売されたが、その日は広島プロ野球のデーゲームがあり、始球式を務めるとともに、生歌を披露。朝の生放送を終えて即行球場に向かうというハードスケジュール。しかも、今月から「とくダネ!」に異動し、アヤパンを後から追う格好になったナカミーは、渋滞で到着が遅れるハプニングに遭う。ぎりぎり試合開始までに間に合い、ほっとして抱き合う二人。なんとか始球式を無事こなしました。
翌日、オリコンのデイリーチャートで初登場5位とめざましテレビの本番中に知らされ、素で驚いていたアヤパン。上司の趣味に付き合わされてやらされる格好だが、どこまで売れるでしょうか。

大丈夫だよ [音楽]

川嶋あいの最新曲「大丈夫だよ」が今月発売されたが、それに続いて、同じタイトルで本も発売された。
この曲に共感したメッセージを集めたもので、「あなたに元気をくれる言葉」を写真とともに載せている。
頑張れと言うよりも、大丈夫だよと言った方が暖かいと彼女は言っている。
生きるだけでも厳しい世の中だから、無理したり、頑張りすぎたりすることもけっこうあるでしょう。それでパンクしてしまわないように、「大丈夫だよ」と言ってくれたら、救われるのかな。

さらに、これがテーマソングとなる映画「8月のシンフォニー」がある。川嶋あいが16歳で上京し、歌手デビューに至るまでの軌跡を描いたアニメである。彼女のサクセスストーリーはすでに知られているが、その裏には悲しい出来事があって、涙を誘っている。製作しているのはワオ・コーポレーションで、学習塾などを展開して生涯教育を進めている。彼女の活動や人生に共感し、すばらしい作品が次々と生まれている。それがきっと人々を幸せにしていくのだろう。


不肖・宮嶋がビーチバレーに物申す [バレーボール]

今やビーチバレーは、選手のアイドル化、セクシー水着の露出が進み、お色気目当てのマスコミにつきまとわれてると言っていい。それで取材が過熱すると、選手たちの迷惑になる恐れがある。協会は、一部週刊誌に対し取材拒否を行っているようだ。
これに対し、「不肖・宮嶋」で知られるフリーカメラマン宮嶋茂樹が噛み付いた。今週発売の週刊文春で、「どのツラ下げて週刊誌排除じゃ」と寄稿している。要するに、浅尾美和菅山かおるをアイドルのように祭り上げ、選手にビキニ着せてショーパブのノリだから、それを目当てにしたカメラ小僧のような輩を集めているから、今の人気があるのだと。自分から原因を作っておきながら排除するとは何事かというわけだ。
これが週刊誌の本性なのだろうか。オレがビーチバレーを盛り上げてやってんだぞというエゴか。それにファンを一括してカメラ小僧と決め付けるのは違うと思う。そういうのもいるとは思うが、大多数は選手の好プレーや人となりにほれ込んで一生懸命応援しているのである。変態ではない。
不肖・宮嶋と言えば、危険地帯に潜入しスクープを撮るのを売りにしている。断れたらなおさらやりたくなる本能があるのだろう。まあそれでもこれは、排除された側のひがみ感情である。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。