So-net無料ブログ作成
検索選択

大丈夫だよ [音楽]

川嶋あいの最新曲「大丈夫だよ」が今月発売されたが、それに続いて、同じタイトルで本も発売された。
この曲に共感したメッセージを集めたもので、「あなたに元気をくれる言葉」を写真とともに載せている。
頑張れと言うよりも、大丈夫だよと言った方が暖かいと彼女は言っている。
生きるだけでも厳しい世の中だから、無理したり、頑張りすぎたりすることもけっこうあるでしょう。それでパンクしてしまわないように、「大丈夫だよ」と言ってくれたら、救われるのかな。

さらに、これがテーマソングとなる映画「8月のシンフォニー」がある。川嶋あいが16歳で上京し、歌手デビューに至るまでの軌跡を描いたアニメである。彼女のサクセスストーリーはすでに知られているが、その裏には悲しい出来事があって、涙を誘っている。製作しているのはワオ・コーポレーションで、学習塾などを展開して生涯教育を進めている。彼女の活動や人生に共感し、すばらしい作品が次々と生まれている。それがきっと人々を幸せにしていくのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今一番贈りたいGIFT [音楽]

NHKで北京五輪テーマソングをミスチルが歌うのだが、曲名は「GIFT」。7月30日に発売される。「一番きれいな色ってなんだろう? 一番光っている色ってなんだろう?」から始まる。桜井和寿は「オリンピックで一番きれいで光っているものは金メダルです。でも僕は『金、銀、銅』という勝者にのみ与えられる輝きより、もっと大切で、価値のある輝きが存在していると思っています」とNHKホールで新曲を発表したときに語っている。そして、「勝利を収められなかった人の中にも、また勝ち負けのない日常の中で一生懸命暮らしている人の中にも、どんなメダルにも負けない輝きが一人一人にあると思っています」と、出場選手だけでなく多くの人に贈る応援歌という思いを込めた。
発売1週前に放送された「SONGS」では、桜井は「白黒つけろと言うけれど、それ以外にもたくさんいい色があることを知ってるのにな」と思ったときに、五輪のテーマソングをやってほしいという話がきたと明かしている。ぜひやってほしいと思った人にうまい具合にバトンが渡されたんですね。これも運命でしょうか。
やっぱりミスチル。五輪に出る選手だけでない、すべての人へのメッセージですね。勝者の影に隠れてしまい、そのまま消えてしまう多くの人々に対し、光を当てるものになればいいですね。

GIFT.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

坂井泉水追悼特番 [音楽]

ZARDの坂井泉水が突然亡くなってからもう1年たつのですね。今でもその悲しみは消えることはないでしょう。
しかし、彼女がくれたたくさんの思い出は永遠に残り続ける。昨日の深夜に追悼特番が放送されました。
レコーディングスタジオは都会にあるにもかかわらず、緑に囲まれた場所にあり、彼女の音楽の世界を守るにふさわしいところでしたね。録音ブース内には愛用の赤い小さなピアノが置いてあって、彼女のこだわりとともにかわいらしさを感じました。今「What a beautiful memory」と題した展覧会が開かれています。そこでもそのセットが再現されていました。
貴重な映像とともに曲作りに真剣に取り組む彼女の声を聞くことができました。これまでテレビに出ることはほとんどなく、声を聞く機会もあまりなかったので、本当に貴重でしたね。聞くことができてうれしいけれど、もうこれ以上はないと思うと、やはりさびしさは感じます。
そして次々とZARDの名曲とともに歌詞が紹介されていきまして、坂井泉水が表現した世界を満喫することができました。ただ、どうしても曲がブツ切りになってしまいますので、後で最初からじっくり聞き直したくなりますね。
深夜にかかわらず本当に貴重な番組を見ることができてよかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サザン活動休止を発表 [音楽]

今日サザンオールスターズのことで重大な発表があると聞いていたのですが、こういうことだったんですね。
結成30周年を迎えたという節目の今、思いきった決断だと思います。
それぞれが思うように音楽活動を続けていき、また一緒にやりたくなったら集まればいい、決してこれでサザンがなくなってしまうわけではないということですよね。
鶴の恩返しから思いついた記念写真。そして「号外」まで出してしまうインパクトある発表でした。
それにしても、サザンオールスターズの名前はファンに預ける、とはうまい言い方です。
今年にやる30周年記念ライブ以降の活動は未定だそうです。しかも、最終日は北京五輪の閉会式に合わせるというのですから、かなりすごい終わり方です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サザン解散説 [音楽]

今年でサザンオールスターズが結成30周年を迎える。それを記念した全国ツアーを行われるのだが、東スポによると、その後サザンは一切の活動を休止するという「解散説」があるのだそうだ。
当然事務所側はこの報道を否定。しかし、19日に重大な発表をするという。解散はおいといて、これはもしかしたらとんでもないサプライズを仕掛けようとしているのではないかと思ってしまった。
いずれにせよ、グループとしての活動は久しぶりになるので、ついでに何かパッとやらかしてほしいものである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

羞恥心バカ売れ [音楽]

クイズヘキサゴンⅡから出てきたおバカ3人組ユニット「羞恥心」(つるの剛士上地雄輔野久保直樹)がCDデビュー。それがなんと売れた売れた!いくら今が旬のおバカタレントでもここまでいくとは。同じ週に浜崎あゆみがデビュー10周年を記念して「Mirrorcle World」を発売してるにもかかわらず、すごいことになってます。オリコンのデイリーチャートで1位になることもあり、もしかしたらあゆを抜くんじゃないかという勢いだったんですが、さすがに週間では及びませんでした。それでもその差はわずか5千枚ということですから、いやあ大健闘です。本人の歌唱力はおいといて、曲や振り付けなどはなつかしのアイドルグループを思わせるようなノリだったので、ウケがよかったかもしれませんね。
おバカでは女性三人組(里田まいスザンヌ木下優樹菜)が先にブレイクしましたが、男性陣も調子に乗ってます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

民放FM同時生中継ライブ [音楽]

今日午後7時、桑田佳祐のライブが全国53局のFMで同時に生放送されました。
そんな画期的な放送は石垣島からということで、披露された曲は、まだ夏までかなり時間があるのに、夏の海っぽいラインナップでした。
1 明日晴れるかな
2 神の島遥か国
3 せつない胸に風が吹いてた
4 栞のテーマ
5 逢いたくなったときに君はここにいない
6 夏をあきらめて
7 チャコの海岸物語
8 ダーリン
9 風の詩を聴かせて
10 真夏の果実
11 DEAR MY FRIEND(演奏中に放送終了)
MCでは桑田らしいジョークが飛び、真夏の果実では原由子が飛び入り出演したり、1時間があっというまに過ぎ去ってしまう楽しいライブでした。ラジオでも十分ですね。ナビゲーターは小林克也でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

一青窈PVの衝撃 [音楽]

一青窈のニューアルバム「key」が発売されています。初回版はエコパック仕様でDVDつきとなっています。環境問題に熱心な小林武史の影響を受けているのでしょうか。
DVDでは「もらい泣き」を始めとしたこれまでのヒット曲のライブ映像とアルバムに収録されている「つないで手」、「ただいま」、「受け入れて」のPVを見ることができます。
最後の「受け入れて」のPVが非常に衝撃的でした。冒頭に登場したのは、フランケンのような容貌の男性。あれは特殊メイクした嶋田久作ですね。自分の顔の醜さを恥じて引きこもった生活をしているのでしょう。そんな彼が勇気をふりしぼって話すのは、「クマ子さん」の話。クマ子さんは人間とクマの合いの子。そのために周りに恐がれ、白い目で見られています。それが気になって自分に自信を持てません。自分は生きる価値があるのかと思いつめています。そんなクマ子さんがペットショップで見つけたのは売れ残った子犬。よく見れば後ろ足に奇形が見られます。同じ境遇だと思ったのか、クマ子さんはその子犬を引き取ります。そして先ほどの男性もいつの間にか…。
PVの最後にも出てましたが、これは偏見を助長するため作られたものではありません。社会において確かに存在する差別を知ってほしいというメッセージが込められていると思います。また、「受け入れて」は性同一性障害の友人の話をもとに作られたことが、「僕らの音楽」でのIKKOとの対談で明かされています。偏見を乗り越え、異質であることを明かす勇気を受け入れることが大切だということを教えられたと思います。
しかしこのPVは問題作といえるでしょう。テレビでオンエアするのは勇気がいると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

久しぶりの谷村有美 [音楽]

ミュージックフェアは今年で放送2200回を迎えたそうです。なんと45年前から放送されていたという実に歴史のある音楽番組なんです。
放送2200回を記念した豪華ライブが4週に分かれて放送されています。出演者は、さだまさし森山良子といった大ベテランから、絢香東方神起といった最近ブレイクした若手までをそろえた総勢12組と実に豪華です。
そんな個性あふれる歌手たちの、ここでしかできない競演もあって本当に貴重なのですが、そのなかでふと気づいたことがありました。今回、松浦亜弥が出ていたのですが、そのとき歌っていた「笑顔」、作詞・作曲が谷村有美なんですね。いやー、懐かしい。去年発売されていたのですが、全然気づきませんでしたね。谷村有美といえば、90年代に人気だったシンガーソングライターで、透き通るような声で「クリスタルボイス」と呼ばれて評判だったんですよ。音楽活動のみならずラジオ番組をやったり、雑誌コラムを連載するなど、幅広く活動してましたね。結婚してから活動休止したと聞いてから、ずいぶんごぶさたでした。いつの間にか音楽活動を再開していたのですね。そのうちあの美声も聞けるのでしょうか。

歌詞がとてもいいです。生きていると何度か絶望し、もうだめだと思うこともあるでしょう。そんなときに勇気付けてくれますね。

生きてさえいれば 明日が来るから 
生きてさえいれば 乗り越えられる
だから負けないで ひとりじゃないから

生きていればいいことあるさ、とわかってるつもりでも、どうしようもなくなったとき、そんなことは頭に浮かばない。そんなときに誰かがそっと言ってくれれば、けっこう救われるのではないかと思いますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サクラつながり [音楽]

Every Little Thingの新曲「サクラビト」が今日発売されました。和風テイストメロディーで静かな感じがするのですが、凛とした力強さも感じました。
「サクラビト」とは、桜の花のように美しい人ということです。日本人にとって身近であり象徴的に美しいと思う桜の花。美しくてきれいで、本当に大好きな人のことを「サクラビト」と思ってしまうのは自然なことですよね。
去年もちょうど今頃、バレンタインデーに「14message~every ballad songs2~」というバラードアルバムが発売され、いい思いにひたることができましたが、今年も同じくらいひたることができてよかったです。バレンタインデー前の素敵なプレゼントでした。
サクラといえば、キットカットで雪見桜味が出てますね。最近合格祈願バージョンお菓子が次々と出ていて、これもその一つなんですね。「きっと、サクラサクよ」というメッセージとともに、桜の葉のにおいがするキットカットを味わいながら、願いよ叶えと想いを強めるのもいいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。