So-net無料ブログ作成

松村邦洋マラソンで死にかける [スポーツ]

東京マラソンは今年で3回目となる。一般参加も含めて3万5000人のランナーが東京のど真ん中を走る大イベントとなっていて、テレビも生中継してくれます。
世界陸上代表選考レースにもなっているし、高岡寿成弘山晴美といった名ランナーの引退レースでもある。彼らのみならず参加するすべての人々にとって特別な思いを持って走るのである。
芸能人の一般参加でも話題になっている。今年中継を任されたフジテレビは、すぽるとの平井理央をフルマラソンに挑戦させ、4ヶ月にわたってマラソンを走れるように仕立て上げていった。ジャンクSPORTSでも元アスリートの常連さんをそれぞれの約束の下でマラソンに参加させている。それぞれが完走を果たし、ひとまず目的を達成させたのだが、はさすがに無理だったようだ。本人はまだチャレンジしたいようだが、無理やりという感じがする。
他にもいろいろな芸能人が参加していたのだが、ヤバかったのは、松村邦洋が走ってる最中に倒れ、一時心肺停止状態に陥ってしまったことだ。たまたま日テレのアナウンサーが近くにいたので、その模様はバンキシャ!で伝えられた。松村は電波少年で無茶なことをやらされ有名になった芸人で、今も体を張るのを当たり前にしている。マラソンの経験はあるが、常に100kgを超える肥満なので、心臓の負担はかなりあったに違いない。急性心筋梗塞ということだそうだ。AEDを用意しておいたおかげで助かった。
マラソンはスポーツの中でも過酷なものである。楽しいというイメージが広がっているが、危険も潜んでいることを頭に入れておくべきである。体形的に厳しいのに無理やり走らせるのもまずいような気もする。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

mistta

命に別状が無くて何よりです。
10キロ位にしておいた方が良いのでは・・・。
by mistta (2009-03-23 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。